婚費 高裁判決

今年の初め

婚費の審判の決定に対し即時抗告をしました。

前回の抗告審同様、

決定までは3ヶ月ほどかかるのだろうと思っていましたが

先週、決定書が送達されて来ました。

1ヶ月半弱・・

だったら、子の監護に関する抗告審も早くして欲しかった!

って思います

あの時は4ヶ月待ちましたからね(-゛-メ)

ま、そんなことはさておき

婚費の1審では

相手が支払う婚費が月額1万9000円という判決でした。

幼児2人を抱え、働きたくても働くこともできない私

当然そんな金額での生活は不可能です

また、通常で考えてもあまりにも低い金額です

よって、不服申し立てをしました。

コメントでもメールでも応援の言葉を頂き

その金額はおかしいとのことで

私は、

少なからず高裁の審理では金額が変わると期待しました

しかし高裁の判断は棄却

原審の判断に対し、付加訂正が加わっていただけでした。

それは

「相手方の保有資産は別居後に弁護士費用、稼動の為の機材購入、パソコンの購入でその殆どが無くなった」

「土地・家屋までもを処分してまで婚姻費用にあてるとするのは相当でない」

(原文ではありません)

このようなことが付加されていました。

私はあわてて裁判官の名前をみましたが

ちゃんと合議体で3名の裁判官の名前がありました。

物凄く・・・なんて言うのでしょう

腹立たしく馬鹿馬鹿しいです!

「お金は使っちゃった」と本人が言えばOKなんですか?!

しかも○千万円も??

たぶん相手の言い分が採用されたのでしょうが

在り得ない話です。

やはり民事というか

家事ではきちんと取り調べがされないことに原因があると思います

そもそも

相手が弁護士を依頼したのは私が婚費を申立ててから5ヶ月も後です

いやいや

それより、私は弁護士費用すら支払えていませんし

弁護士費用や仕事用の道具だパソコン代が優先で

妻子の生活費が無しになるなんてことを認める判断こそが

おかしいです!

よくもまあ、恥ずかしくも無くそんなことを付加して書けたものです

それよりも

私が強調して訴えた潜在稼働能力のことは全く書かれていませんでした

1審では潜在稼動能力があると認めながらも

相手の実収入5ヶ月分(月額平均にすると6万)のみを基準

普通に働けると認定した上でパート以下の収入であっても

何の考慮も無いのです

潜在稼動能力のある場合で実収入が低額の場合は

判例でも賃金センサスを基準にするとされています

判例は法律と同様の効果があり

判例に沿い判決するのが通常ですが

それをしないのが不思議でなりません。

しかし

到底納得できるような判決理由ではありませんが

最高裁まで上告するもの馬鹿らしいと思いました。

本訴で順調に行けばあと数ヶ月で離婚です

これ以上、

時間とお金と労力を掛けるのは無駄だと思いました。

結局

「夫婦はその資産・収入・その他一切の事情を考慮して・・」

という民法の条文は「本当の建前」しかないのですね。

私の弁護士曰く

本訴の方で1番の争いが養育費になるでしょう

とのことでしたが

相手はきっと、この判決を有利に利用してくると思います

婚費(妻子3人の生活費)が1万9000円だから

長男の養育費は5000円とも言いかねません

しかし、

どのような金額になるにせよ

長男が20歳になるまでの約18年間

きちんとその支払いがなされるとは到底思えません

なので私は初めから養育費など何の当てにもしていません

相手が例え0円だと主張してきても構わないと思っています

要は、養育費とは離れて暮らす親が子供の為にする行為なので

金額が低い、無しというのは

子供に対する愛情がそれほど無いと証明されることであり

また、それを真摯に受け止めるだけのことです。

本当に子供に対して愛情のある親ならば

「権利」ばかりを主張すのではなく

「義務」をきちんと遂行して

婚費だ養育費だなどの争いは起こらないはずですから

にほんブログ村 家族ブログ 離婚・別居へにほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ人気ブログランキングへ

応援クリックお願いします(*゚ー゚*)

自動相互リンク

| | コメント (8) | トラックバック (0)

即時抗告費用

婚姻費用分担の審判決定に対して

私としては、そのまま確定させるか悩んだのですが

本訴でお世話になっている弁護士さんと相談して

即時抗告をすることにしました

婚費の調停・審判には代理人をつけていないので

抗告のやり方等のアドバイスだけをしてもらいました

裁判所のホームページから申立書をダウンロードし

抗告の理由をどう書けばいいのか悩みましたが

不服であるという旨を記載して

原審である伊豆の裁判所に電話をし

申立書に貼る収入印紙の額と切手の額を聞きました

即時抗告の種類によってその額が違うそうです

婚費の抗告費用が全国一律なのかは分かりませんが

収入印紙 1800円分

1040円分の切手4組

80円切手10枚

とのことでした

今まで、調停しか申立てていないので(本訴は別)

1200円の収入印紙と80円切手10枚で

2000円しかかからなかったのに

抗告はお金がかかるんですね(苦笑)

ぎりぎりもっていたけど

お金が無ければ不服であっても抗告できなかった(汗)

色んな調停や審判・裁判をして

初めて知ることばかりです

審理はおそらく、子の監護の時と同様3ヶ月ほど掛かるでしょう

と、弁護士さんに言われました

相手が無職であったり

驚くほど低収入であったりという場合の判例は見つかりませんが

常識(とは違うかな?)

裕福に暮らしている相手が無職だから婚費は無しとか

働き出したけど低収入だからという理由で

妻と子供2人の生活費が月1万9000円だなんて

誰が聞いてもおかしいですよね?

例えばタイガーウッズが今、ツアーにでてないから無職とし

働いてないから別居中の妻子の生活費は無しで通りますか?

一般的な考えが何処まで裁判所で通用するのか

やってみます

にほんブログ村 家族ブログ 離婚・別居へにほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ人気ブログランキングへ

応援クリックお願いします(*゚ー゚*)

自動相互リンク

| | コメント (4) | トラックバック (0)

婚姻費用分担審判決定

今年もあと4日で終わりですね

クリスマスも過ぎ

今年はもう審判が出ないのかと思っていたのですが

昨日、審判書が送達されて来ました

やっと来た~!\(^o^)/

と、喜んで開封して見ると

主文

相手方は申立人に対し平成21年7月以降、当事者間の離婚又は別居状態の解消に至るまで毎月末日限り1万9000円を支払え

という内容・・・

理由を読んでみると

別居に至る経緯は全く触れておらず

別居後から人身保護の和解引渡し(長男)まで

相手が無職で収入が無かったから婚費の支払いは無し

引渡し後の7月から11月までの収入合算で計算し

出た婚費の金額が1万9000円・・・

は?

なんだこれ?

そう私は思いました

民法760条では

資産、収入、その他一切の事情を考慮して

婚姻から生ずる費用を分担する義務がある。

とあります

例え別居していても夫婦同一レベルで扶養、

婚姻費用分担をしなければならない

また

別居原因(有責性)を踏まえ

無職でも潜在稼動能力があれば

学歴や年齢で算定表で金額を割り出すことになっています

それなのに

相手方には相当額の資産があるが

申立人の資産は考慮せず、相手方の資産だけを処分することは

民法の夫婦別産制の建前に矛盾している

なんて書いてありました

私が思うに

そこを矛盾とするならば、

婚費の民法に法らない決定書も矛盾していますよ!

と言いたいです!(#`Д´)

結婚してからずっと無職で、資産で生活していたのに

別居したら無職だから収入が無いから生活費は無し

なんて法律はありえないーっ!!つーの!

ならば

大富豪や資産家が働かずとも生活できるから働かない

なんて言ったら、「無職だから」婚費は無しですか?

それで夫婦同一レベルの生活を保持するための法律ですか?

別居後から丸1年間の分の婚費は無しですって・・・

それから婚費には養育費も当然含まれています

離婚してないから公的扶助もない無職の母子に

たかだか1万9000円で2人の子供を養えと?

しかも

長女・長男の年齢を考えると就労は困難

と書いて(理解している)るのにもかかわらずです

金額もビックリですが、支払い開始年月も驚きです

この決定書に対し

私もモラ夫も即時抗告ができますが

年末年始は当然のように裁判所もお休み

抗告期限まで裁判所が開廷しているのは3日間かな?

正直

抗告だ~何だ~ってやるのは面倒くさいというか

戦意喪失しています。。

お金に執着しているわけではありませんが

不当に長男を帰してもらえず10ヶ月が過ぎた挙句

その間相手は働いていなかったから婚費は無しと判断され

私は法外な金額を請求しているわけでもなく

しかも働きたくても働けない現状を裁判所は理解しつつも

これじゃあ、あんまりですよね・・

にほんブログ村 家族ブログ 離婚・別居へにほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ人気ブログランキングへ

応援クリックお願いします(*゚ー゚*)

自動相互リンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モラハラ=ケチの法則

気がつけば

婚姻費用分担の審判に移行して半年が過ぎました

婚費の調停を申し立ててからだと1年経ちます

遅い!(#゚Д゚)y-~~イライラ

あまりにも時間が掛かり過ぎます!

いくら気の長い私でも(?)

限度ってものがある!

伊豆の裁判所に電話をして状況を聞いてみました

担当事務官?書記官?の話では

調査官に相手の調査を2度ほどしてもらい

今は調査も終わり、裁判官が思案中です

みたいな事を言っていました

2度?!

どうせまた、「無職だから収入が無い」とか何とか言って

逃れようとしているのでしょう

監護権の審判では今年の4月から働くって言ってませんでしたか?

法螺に法螺を重ねても自分の首を絞めるだけですよ~

で、結局裁判所の話では

判決は何時になるかは分からないが

審判が決まれば書面で郵送するので待ってろ的な感じで終了

伊豆の裁判官は毎週金曜日にしか来ないので

今週か来週の金曜日に判決を出さなければ

年内は無いということになります

婚費の請求って

申し立てた時か別居した時期からさか上って貰えるらしいけど

「後から」ぢゃなくて

”今”の生活費が必要だから申し立ててるわけで・・・

離婚してないから母子家庭とみなされない

母子家庭ぢゃないから公的扶助は受けられない

働きたくても保育所がいっぱいで入れない

裁判所の皆さん!

この現状をきちんと理解していますか?!

って言いたいですp(`ε´q)

ま、どの道

審判に素直に従うようなモラ夫ではないので

また即時抗告とかして、確定するまでは時間が掛かるんだろうな

裁判(離婚訴訟)で何を訴えてくるのか分からないけど

子供の養育費も出さない、親としての義務は無視して

のうのうと「権利」を主張してくるのかしら?

ま、でもそれがモラ人種の典型なんですよね

モラ=ケチ の法則

ケチとはまた違うかな?

自分さえ良ければ全てよし

子供が大切だなんて聞いて呆れますわ┐(´д`)┌ヤレヤレ

婚費の請求

そんな事さえ決まるのにこんなに時間が掛かるものなんですね

にほんブログ村 家族ブログ 離婚・別居へにほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ人気ブログランキングへ

応援クリックお願いします(*゚ー゚*)

自動相互リンク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

婚姻費用分担審判

5月に

婚姻費用分担調停が不調になり

審判へ移行してから4ヶ月が経ちました

この件に対しては代理人を立てていないので

私が直接 家裁に連絡してみました

すると

「その件に関しては別支部の調査官に調査を依頼しておりますが、担当調査官から連絡は来ていませんか?」

・・・

全く知りませんでした

経過は担当の調査官に聞いてくれ的な対応で

私は調査官の名前を聞きましたが

「知らない」

とのこと。。

仕方がないので、その支部に電話し

私の名前と事情を説明してやっと担当者がわかりました

担当の調査官に

4ヶ月も経っていてどうなっているのか訊ねると

「大変でしょうが、今、正しく調査を行なっている段階で・・・家裁のほうから聞いていませんか?」

と、しどろもどろ

ああ、、

本当にこの地方の家裁はダメダメだと思いました

子の監護に関する高裁の判決も出ているのに

と、私が言ったら

「どうなったのですか?」

と聞いてくる始末

きっと調査なんてしていないのでしょうね

「奥様の資料は整っているので、後は旦那さんが働いて収入を得ているか今後調査しようと・・・」

私は、陳述書として3ヶ月前に家裁に提出しました

その事を言っているのでしょうが

モラ夫は4月から働くという話だったのに

未だそれすら調査していないということです

呆れ果てます

長男君が私の下に戻って来てからも

養育費どころか

長男君の着替えさえ何一つ送って来ないモラ夫

様子も何も一切聞いて来ないモラ夫

お金を渡さなければ

私が困るとでも思って楽しんでいるのでしょうか?

私は当然の権利(義務)として主張をしているだけ

婚費の審判もいずれ決まるでしょう

子を想う親であれば

こんな裁判しなくてもちゃんと払っています

養育費を渡さないなんて話もよく聞きますが

親だという自覚が無いのでしょうね

自分さえよければ、子供はのたれ死んでもいい

大げさに言えばそうゆうことでしょう

お金なんて無ければ無いでそれなりにちゃんと育てますよ

そんな事より

息子を本当に愛してあげて欲しいと願います

にほんブログ村 家族ブログ 離婚・別居へにほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ人気ブログランキングへ

応援クリックお願いします(*゚ー゚*)

自動相互リンク

| | コメント (10) | トラックバック (0)