« 婚費 高裁判決 | トップページ | 虐待された子供 »

モラハラの定義(裁判)

モラルハラスメントという言葉を知って

色々調べて、文献を読んで

裁判をしてみて私なりにこう思いました。

人を傷つける行為(言葉)というのは

少なからず誰にでもあると思います。

人それぞれ考え方が違うのと一緒で

他人から見たら取るに足りない言葉でも

その人によって受け方や傷つき方も違うのです。

だから、「こう言われて傷ついた」といったことは

今まで生きてきた中で誰もが経験していることだと思うし

この先もあることでしょう。

しかしモラルハラスメントの被害というのはそんな生易しいものではありません

取るに足りない言葉でも

日々繰り返し1番の味方であると信じている家族や配偶者にそれを言われ続けたらどうでしょうか?

「あの言葉で傷ついた」

そんな程度では済みません。

精神を蝕まれ、相手に支配され、自分を見失い

その結果、精神病や自殺に追い込まれることもあります。

そんなモラハラ加害者と別居できた人は

最悪のケースに至らなかっただけ・・・

重度ではなくとも何らかの精神的な被害は残るはずです。

相手の支配から逃れ、少しずつ自分を取り戻すことができた人

そんな人が裁判でモラルハラスメントを訴え戦っているのだと思います。

しかしモラルハラスメントだと認められる判決は現状まだありません

文献でもネット上でも

モラルハラスメントの加害者の特徴は

判を押したように、また、教科書でもあるかのように類似しています

私のブログのコメントやメールでもあるように

「うちの旦那と同じことを言っている」

ということを聞きます。

ならば、裁判でも加害者は同じような言動をしていると思います。

家庭裁判所の裁判官はそのような人物を多数見てきているでしょう

では何故モラルハラスメントであるという判決にならないのか。

それはモラハラ加害者の特徴でもある

「天才的な嘘つき」だと思います。

平気で嘘をつける

しかも、あたかも自分が被害者のような振る舞いで

事実をそっくりひっくり返す

言葉という立証が困難なことであるゆえに

当事者でない他人の第三者が

どちらが本当の被害者か見極めるのはやはり難しいでしょう

重度の精神病になった、自殺したというのなら認められるのでしょうが

実際、そうなった人が訴えることはできません。

裁判は証拠主義であることから

おかしくなっていない、亡くなっていない

言わば、表面的に証拠が見えないから認定しないのです。

結果、

モラルハラスメントだと断言することはできないのです

ただ、

客観的に見て精神的な言葉の暴力があったと推測する。

これが裁判上のモラルハラスメントの定義だと思います。

例えばDV(身体的暴力)にしてもそうです

他人の前でも暴力をふるう

暴行の痕跡が残っている(写真や診断書)

それらがなければ「本物のDV」と認めてくれません。

また、幼児虐待もそうです

新聞やニュースでの報道を見ると

明らかになっているのは虐待死されてから・・・

近所や学校・児童相談所が虐待を疑っても

「痕跡」がなければ何もしない

親がやっていないといえば信用する

結果、罪のない子供が亡くなってしまう。。。

現在の日本の法律、行政の在り方では

虐待にしろ、DVにしろ、モラハラにしろ

被害者が後を絶ちません。

加害者を守る法律ではなく

本当に弱者を守る法に改定しなければ

これらの問題が解決することはないのです。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚・別居へにほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ人気ブログランキングへ

応援クリックお願いします(*゚ー゚*)

自動相互リンク

|

« 婚費 高裁判決 | トップページ | 虐待された子供 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
今日のコメントはとても考えさせられます。私の妻もモラハラと言う言葉こそ使いませんが、私の不満を『あの時こういった』と言ってきます。正直、自分もふて腐れた態度を取られたりして嫌な気持ちになったことはありましたが、長い夫婦生活、他人が一緒になっているのだからそんなこともあるだろうと時間でいつも解決していました。女性の方はそういったダメージは蓄積されていくんですよね。今更ですが。関係のない話ですが、自分のところは何の改善もなく、仮面夫婦です。妻は徹底的に自分を無視して相互扶助などくそ食らえ状態です。子供の為にと夫婦の形を維持していますが、不倫の反省もない妻に気を使って生活する状態に私もそろそろ耐えられそうにありません。苦しいです。立場や状況は違えど、応援しています。

投稿: ケンゴ | 2010年3月19日 (金) 12時49分

驚きました。裁判でそんな判決が下されるとは考えもしませんでした。
我が家も夫の経済的DVを受けており、婚姻費用分担請求をしようと思っていました。が、我が夫も外面が良く、会社や自分の親には嘘八百並べ立て、私が悪者になっています。
夫には中国人キャバ嬢の愛人がいて、家では愛してるよと子供の前で電話までしてましたが、外では唯の相談相手。
最近は化粧品やブランド品をやたらと買い1回2〜3万の風俗代まで。
子供は私立。塾や制服代など諸経費も払わなくなり、月々の生活費の半分も入れず。請求すれば、ヘラヘラ笑ってそんな金ねぇよと。当たり前です。それだけ使っていたら。
生命保険も別のに変えてしまいました。
4〜5ヵ月で36万デパートで買い物した証拠も、4年前に移籍金が1千万出た証拠もありますが、使ってしまったと言えばそれまでなんですね。
私は月々6万のパート代と借金で何年も家族3人食べさせて来ましたが、結婚前の預金も子供の積み立てもお年玉も使い切り、今は小銭しかありません。
先週までの娘の合宿代も振込出来ませんでした。
靴も小さいのを履かせていたら外反拇趾になってしまいました。ブラジャーや生理用下着も買ってあげられないままです。このまま、いつ餓死するかと不安です。
食事が粗末になって夫は、今月から自分の食事は一切いらないと言い、自分だけ外泊・外食・朝帰り。更には、娘と私が風呂に入っている間にコンビニなどで弁当を買い自分だけ食べています。
洗剤が買えずにいた時に洗濯機の中の洗濯物を出して自分で洗剤を買い、自分のだけ洗ってました。外では、洗濯もしない食事も作らないと言う為に。
法律は弱い者の何の味方にもならないのですね。仕事は探してますが44歳では面接すらさせてもらえず。履歴書も何十通返って来たか。
夫にはお金なければ体張って働けと。俺が探してくるからどんなでも文句言わずに働けよ、とニタニタ笑って言われました。
ストレスで血圧が180になり、医者にも通い続けられず。
法律が使った者勝ちであると言う事は、この先、私達の取れる行動は1つしかなくなってしまいます。
お金があれば弁護士に相談も出来ますが。
子供の唯一の居場所である学校を途中で辞めさせる訳には行きません。夫も納得して受験させたのですから。今更、子供の人生より自分の人生の方が大事だと言われても、遅いです。
夫は離婚したがってますが、離婚すれば母子家庭では通えませんから。夫の思うつぼです。辞めさせた場合の娘の精神状態が心配です。
取り敢えずは来週からの学校のお弁当を残りの限度額までカードで作ってあげるつもりですが。
いつまでもつか。
ボーナスまで何十万も使い豪遊してる経済的DV加害者の味方を法律はきっとするんですね。正直ショックで途方に暮れました。
子供の生活・居場所を守る最後の手段に婚姻費用分担請求をしようと思っていましたから。

投稿: ゆっぴママ | 2010年3月22日 (月) 11時46分

ケンゴさん

言った側より言われた側のほうがよく覚えているものです。
自分では何の気なしに言ったことでも相手の地雷を踏むこともあります。
それは夫婦でも家族でも友達にでも誰にでも起こりえることだと思います。
奥様がどのような理由で戻って来たのかは知りませんが、父親を無視する母親を見せている家庭状況が子供にとって良いわけがありません。
間違ったことをしたら謝る。親なら子供にそう教えますよね。
しかし、現状では何かあったら無視すればいいと子供が学習してしまいます。
奥様に子を想う気持ちがあるのなら、少なくとも子供の前ではそういった態度を改めるようにお話してみては如何でしょうか?

投稿: プネウマ | 2010年3月23日 (火) 13時53分

ゆっぴママさん

たぶん、私のブログの婚姻費用の所だけご覧になったのかと思いますが・・
全部が全部、このような判決になるわけではありません。
うちの事情とゆっぴママさんのお宅の事情は違います。
旦那様が会社員であり、毎月のお給料やボーナスがきちんと支給されているのであれば、その年間収入にもと基づき算定されます。
全てを悲観的に考えず、やるだけのことはやってみるべきですよ。
それから婚費も保全処分ができたと思いましたから、保全も申立て、給料の差し押さえをしたほうがいいかも知れませんね。
あと、差し出がましいようですが
不倫をして、生活費も出さないようなご主人と一緒に居る価値があるかをよく考えてみてください。
現状の貴女の収入で母子家庭になった場合、児童扶養手当は満額(4万ほど)扶助されますし、生活保護も申請できます。
お子さんの学校のことはよく分かりませんが、離婚したら退学ということでなければ、子供のためにも今の生活を続けるのは精神的に良くありませんよ。
不倫の証拠もあるのですから、慰謝料も請求できますので今より生活も精神的にも楽になります。
また、市役所(区役所)等に無料法律相談や家庭相談があると思いますし、法テラスで法律扶助を受けられれば弁護士の相談も無料なので、そういったところを利用して相談されてみては如何でしょうか。
諦めるのは行動をして結果が出てからです。

投稿: プネウマ | 2010年3月23日 (火) 14時13分

はじめまして。ランキングから来ました。
今、全部読み終わったところです~。

私も去年、モラ夫と調停離婚しました。
同じように連れ子への虐待があり、闘うことを決心しました。って、私の事は置いといて。

長女ちゃんの養子離縁ですが、私は裏技を使いました。
私も同じような状況で、未婚で出産。その後、モラ夫と結婚し夫婦で養子縁組。
モラ夫が離婚の前に養子離縁を要求してきました。
区役所で相談し、まず離縁のまえに長女と私の母と養子縁組。その後、モラ夫と養子離縁。
養父母は何人いても構わないそうです。
これで問題解決~でした((´∀`*))
母子医療とかも利用できるので、長女の籍はそのまま母の元にあります。
戸籍上、長女は私の妹になってます。

早く悪継父と縁を切らせてあげたいとお思いなら、こんな裏技もあるのでご一考くださいm(__)m

妊娠8ヶ月で相手が逃走とか、連れ子への虐待とか・・・とても似た境遇に、勝手に親近感湧かせていただきました。
これからも訪問させてくださいm(__)m

投稿: りん | 2010年3月23日 (火) 23時28分

りんさん

初めまして。
コメントありがとうございます。

ぜ・・・全部ですかっ!?(〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.
結構なお時間をとらせてしまい
すみません(汗

それから
「裏技」のご教授、ありがとうございます^^
とりあえず、裁判中にモラ夫も勝手なことはしないだろうと(推測して)思い、様子を見てみようと思っています。

暗い感じのブログですが(笑)
よかったらまた来てください

私もおぢゃましてみます(o^-^o)

投稿: プネウマ | 2010年3月24日 (水) 15時20分

本当にその通りですね。
何であんな奴の嘘に皆騙されてしまうのか…。必死になってるこちらのほうが信じてもらえない感じがしてしまいます。
実際自分も騙されて結婚してるんですから、短時間で奴の本性を見破るなんて、いくらたくさんの人間を見てきた裁判官でも難しいのでしょうかね。
今、本当に奴が怖いです。私が殺されるか、殺されかけない限り、信じてはもらえないし、動いてももらえないのでしょうね。
直接手を下してくることがなかったとしても、例えば月1面会が決まったとしたら、面会日時を決めるのにどれだけの嫌味を言われ嫌がらせを受け、当日までの日時を苦しみ、当日は勿論、その後も後遺症が残るのか…。
どうしたら彼から解放されるのだろう。本当、辛いです。

投稿: きいろ | 2010年3月30日 (火) 17時01分

きいろさん

例えば
暴力や脅迫行為があれば接近禁止という保護命令を出してもらえます。
これが認められればお子さんとの面会もありません。
また、そういったことがなく、嫌がらせ(モラハラ)が心配であるのなら面接の取り決めを細かく決めたものを公文書に残すといいでしょう。「約束を破った場合は、以降の面接を禁止する」といったような罰則も付加したほうが良いですね。
また、面接の変更等の実際のやり取りは本人ではなく兄弟を通してという人も居ますので色んな面から直接関わらないように配慮したほうがいいと思います。
それから、FPICという機関もあるのでそういったものを利用すれば第三者が居るので相手と2人っきりになることもありませんし、お子さんを連れ去られる危険もないでしょう。
何より、危険と思うようなことが少しでもあるのなら
面接を拒否することです。
相手はこちらを困らせることが目的なのです
毅然とした態度で、嫌なことは断る!これが大切ですよ。

投稿: プネウマ | 2010年4月 1日 (木) 13時55分

はじめまして。
離婚裁判中の中年男性です。

モラハラってどのくらいの証拠で認められるんですかね?

私は妻からDVを主張されている立場ですが、
一度も暴力等を振るったことはなく実際には逆に振るわれていた立場です。

妻は証拠を出してきていないので、こちから積極的に反証しています。

暴力に関しては腹部を蹴ったり、髪を引っ張ったり、頭を踏みつけたりと目立たないようにされたし、当時は精神的に参っていて逃げるので必死だったので、診断書はありません。
妻からのメールに私(夫)が泣くまで殴られたこと、一生こういう目に合わせるという暴力を示唆する証拠はありますが、妻は診断書がない、女は暴力ふるえないので暴力はなかったと言っています。

モラハラについては酷い暴言メールを証拠としてすでに数百件提出してありますが、
妻はそれだけの証拠で暴言といわれても困るといっています。(実際には逆だったと)

別居後も嫌がらせが酷く、事実無根の誹謗中傷をされており、裁判所に証拠はだしていますが、妻から偽造といわれています。


妻は訴状、準備書面、陳述書等すでにつじつまが合っていません・・・
ただ、平然と嘘をつくので、裁判官がだまされないか心配です。


投稿: おっちゃん | 2010年9月11日 (土) 16時56分

おっちゃんさん

はじめまして。

モラハラが認められるには確実な証拠とそれによって受けた精神的損害に因果関係があるかを明白に立証できないと難しいと思います。

ただ、モラルハラスメントだとはっきりと規定されなくても、それに準ずる行為だったと認定してもらうことは私の裁判を通してご理解いただけるかと思います。

DVだったりモラハラというものは必ずしも女性が被害者になるとは限りません。
被害者に女性が多いという事実と一般的に男性より女性のほうが力が弱いという点で、残念ながらそれを利用する女性も中には居るもの事実です。

おっちゃんさんの場合
奥様からの暴言メール等の証拠も数あるようですので、裁判官に理解してもらえるといいですね。

モラルハラスメントの加害者は平然と嘘をつけるものです。また、勝つためには手段を選びません。

しかし、心からの訴え(真実)は必ず人に伝わると私は信じています。
相手の嫌がらせに負けず頑張ってください。

投稿: プネウマ | 2010年9月11日 (土) 17時16分

コメントありがとうございます。

本当にき○がいは怖いです。

弁護士介入後1年たちますが、この間百件以上の脅迫メール、私の友人知人および勤務先への脅迫、警察への虚偽告訴(警察は妻を相手にしていませんが)等・・・
妻側の弁護士(2人目)も知らないことばかりなので、あちらは対応に追われて大変みたいです。

しかも証拠なしで訴えてきたので、何とか訴外で片をつけたいみたいで脅迫してきます。
しかもお得意の嘘で。

(自称)和解案もだしてきますが、ありえない内容なので、無視しています。

ちなみに警察からは命に支障がないのでDVとは認めてもらえませんでしたが、行政では精神的DVとして認めてもらえました。
(妻は警察はDVと認めていないから虚偽だといっていますが。)

投稿: おっちゃん | 2010年9月11日 (土) 23時35分

私は姑からモラルハラスメントをうけていました トイレにもいけず ゴミ箱にしていました寝静まったよなか ゴミ箱を洗い流しに行く毎日が続きました嫌み皮肉 毎日毎日地獄でした 別居にはなりましたが 何か一言いわれてたら 殺してたかもしれません

投稿: まつこ | 2010年9月28日 (火) 03時46分

まつこさん

辛い経験をしましたね。。

ですが、
くだらない人間を殺めて一生を棒に振ることがなくて良かったじゃないですか!(^-^)
どうぞご自愛ください。

投稿: プネウマ | 2010年10月 3日 (日) 16時57分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モラハラの定義(裁判):

« 婚費 高裁判決 | トップページ | 虐待された子供 »